「車種」カテゴリーアーカイブ

査定額は業者で違います!

当たり前のことですが車の査定額というのは買取業者によって変わります。安く買い叩かれて意に沿わない取引になってしまわないように、見積もり(数社から見積もりをとり、どこに依頼するのか検討するというのが一般的です)は複数の業者から集めて大体の相場をしる手掛かりにするとよいです。ですが、ネット上で依頼して出てきた見積もり(数社から見積もりをとり、どこに依頼するのか検討するというのが一般的です)額と業者が車を見て実際に出す査定額とは大体において異なることが多いため、そこは気を付けておきましょう。
時々、高額の見積もり(数社から見積もりをとり、どこに依頼するのか検討するというのが一般的です)を出して客を誘い、相場よりずっと安い査定額をつけてしまう不良業者もいて問題になっています。車を廃車にする時に還付されるのを自動車税と言いますが、実際、車買取に出しても還ってくることは知らない人もおもったよりいるようです。実際、車を手放すと決めたら、残存分の自動車税は返金してもらう事が可能なのです。 続きを読む

自動車査定の方法はいくつかある

中古車を売却するとき、普通は買取業者に査定を依頼します。友人に譲るなどの場合もあるでしょうが、そんなに多くはないでしょう。

まず考えられるのが、中古車業者に車を持ち込んで査定してもらう方法です。ただ、この場合は業者側が「売る気マンマンだな」と思ってしまい、査定額が伸びにくい傾向があります。そうならないようにするには中古車業者をいくつも巡回することですが、結構面倒です。

そこで便利なのが、車一括査定サイトです。車種名や走行距離などを入力すると、複数の業者がいっせいに車を査定してくれます。あとは一番高い価格を提示した業者に売ればいいだけです。

ただ、この場合は複数の業者から一気に連絡がくるので、鬱陶しく感じる人もいるはずです。そこで、最近では個人情報を業者に渡さずに、車の情報だけを仲介する査定業者もでてきました。この方法であれば、ユーザーはただ一番高い価格の提示を待っていればいいことになります。

ただ、この方法にも問題があり、査定額が出てくるまでにすごく時間がかかります。なので、すぐに売却したいならやはり一括査定サイトを利用したほうがいいでしょう。

雪国では車がツルツル滑る

私は学生時代まで北海道に住んでいました。子供のころはまだスパイクタイヤが利用可能だったのですが、いつからかスパイクタイヤは禁止され、スタッドレスタイヤでなければ冬道は走行できなくなりました。

我が家でもスタッドレスタイヤに履き替えたのですが、慣れるまでに時間がかかり、なんどもヒヤリとする場面に出会いました。

一番肝を冷やしたのが、田舎の雪道でスピンしたときです。私は子供だったので後部座席でぼんやりしていたのですが、いきなり視界がグルグル回り、ドスンといって車体が傾きました。このときばかりはもう死ぬかと思いましたが、雪がクッションになったのかそれほど大きなダメージはなく、そのまま道に戻って普通に帰宅できました。
続きを読む