スズキの海外進出

インド市場でも非常に強いスズキであるが他社がアメリカやヨーロッパを中心に
進出するなか。アジアとのかかわりを強化してきたのがスズキ。
なかでもインドとの円は深く、1982年にはインド政府とマルチウドヨク社との
続きを読む

スタイリング

新設ないし機能が大幅に強化された運転支援システムの数は
合計で9つに上る。
では、気になる次期型Sクラスのスタイリングはどのようなものになるのか?
残念ながら今回その姿は明らかにされなかったが
続きを読む

間に人が入るとややこしくなる

毎日仕事から帰ってくるとTOKYOMXTVの「5時に夢中」を見ていますが、
水曜日の中村うさぎさんが降板されてしまってちょっと寂しい今日この頃です。
共演者やスタッフといろいろ価値観の違いからご自分でお辞めになられたようですが、
個人的にうさぎさんのコメントは歯切れがよくて好きだったので、なんだか物足りないような。 続きを読む

ネット査定と価格が大きく違う

車買取では問題が発生することも多く、ネット査定と価格が大きく違うというのはもう驚くほどのことではないでしょう。買取額を決定した後にどんな些細な理由にせよ、買取額を低くされる事も珍しくないです。車の引き渡しが済んだのに、希にお金が振り込まれない事もあります。高い査定金額を売り物にする酷い業者には注意してくださいね。新車購入にマツダを選んだ場合、今のデミオの下取り査定をディーラーにお願いする、というやり方もありますよね。

でも、本当はディーラーに下取りをお願いしてしまうと、本当は損になることが多いと思われます。主に新車を販売するのがディーラーですから、下取りの価格を高くしてしまうと、その分だけ利益が減ってしまいます。買取を依頼してこちらに招いた場合でも、必ずしも車の売却に応じる必要性があるわけではありません。納得いくような買取価格でなければ断ったりもできるのです。車買取の一部の業者は、車を売るまで帰らなかったり、出張費用、査定費用などを要求する場合もあるので、気を付けたほうがよいでしょう。

 

横開きのドア

ホンダが4月下旬に発売予定の新型ステップワゴンには、「わくわくゲート」が採用されている。なんだか、楽しそうなネーミングだが、いったいどんな物なのか。同社ホームページで詳細な情報を先行公開している。
続きを読む

査定に出す前にキズを直したくなる

来月に10年ぶりの新車に乗り換える予定です。
今の愛車は例によって新車の納車予定日をにらみながら一括査定で売却しようと思っています。
ところで査定に出すとなったら徐々に気になってきたのが、リヤバンパーに付けたキズ。
私のミスでカーポートの柱に接触してできたキズです。
続きを読む